さとう歯科医院

 

HOME
診療案内 治療方針 診療時間 アクセス スタッフ

医院案内

診療案内

インフォメーション

さとう歯科医院


JR飯田線 鼎駅前
※ 駐車場7台分
駐輪スペースあり


〒395-0801
長野県飯田市
鼎中平2000-2
アクセス

TEL:0265-21-7550
FAX:0265-21-7551

http://www.satoh-shika.com


TOP»  審美歯科

審美歯科

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは?

 

「単純に歯を白くする」といっても現在ではさまざまな方法が利用できるようになりました。
大きく分けると、歯を削らない方法と歯を削る方法です。
歯を削らない方法は、現在の歯の形、大きさ、向き、並びを変更することなく、色だけを変えたい場合に用います。
さらに分類すると神経が残っている歯を白くする場合、神経を過去に失っている歯を白くする場合に分けられます。

 

どちらにもホームブリーチング(薬剤を用いて自宅でおこなっていただく)とオフィスブリーチング(医院で行う)との方法があり、この二つを組み合わせておこなうこともあります。

 

ホームブリーチングについて

患者さんのお口にあわせた、透明な歯型(カスタムトレーと呼びます)を製作します。
そのトレーに漂白用のジェルを盛り、自宅で二時間程度、装着していただきます。
二週間ほど続けていただくと、歯が徐々に白くなっていくのが、実感できると思います。
数年前から日本でも本格的にとりいれられ、急速にひろまっている方法です。
主に生活歯に適応されます。

 

ホームブリーチング 失活歯 治療前


ホームブリーチング 失活歯 治療前ホームブリーチング 失活歯 治療前

 

30代女性の患者さんです。
数年前から、歯の変色・特に前歯全体が黄色っぽいのを気にされて来院されました。
お口の中を拝見すると、虫歯の治療をした後も無く、神経も健全な状態でした。

 

並びに大きさも問題ないようなので、自宅でおこなうホームブリーチングを選択しました。

 

治療後

 

ホームブリーチング 失活歯 治療後


ホームブリーチング 失活歯 治療後

 

ホームブリーチング用のジェルを、患者さんのお口に合わせたトレーに盛り、1日2時間ほど使っていただきました。
上の前歯を2週間、下の前歯を2週間行った状態が、上の写真です。
元々、美しい方でしたが、前歯の白さが増すようになり、より美しいお口元を演出できるようになりました。

 

ホームブリーチング器材


ホームブリーチング器材

 

<Price>
上の歯のみ ¥37,800(税込)
上下すべての歯 ¥54,000(税込)

 

オフィスブリーチングについて

歯の表面に特殊な薬を盛って(当院ではパワージェルという薬剤を使っています)、強い可視光線を当てることにより、薬の酸化還元作用で漂白をおこなう方法が、まずひとつあります。
もう一つは歯の内側から薬剤を効かせる方法で、こちらは失活歯にのみ適応されます。
どちらの方法も通院していただくごとに、白さの具合や程度などを患者さんと一緒に確認してブリーチングをすすめて行くことになります。

 

オフィスブリーチング 失活歯 治療前


オフィスブリーチング 失活歯 治療前

 

20代の女性患者さんです。
10年ほど前に上の前歯をぶつけたため、歯の中の神経が死んでしまい、一本の歯のみ変色をきたしています。
相談した結果、歯の形や大きさに不満はないご様子なので、左上の一本の前歯のみ歯の根の治療を施した後、オフィスブリーチングをおこなうことになりました。

 

治療後

 

オフィスブリーチング 失活歯 治療後


オフィスブリーチング 失活歯 治療後

 

根の治療が終了後に、根の治療に使った歯の裏側の穴から、漂白用の薬をつめて、5日に1回程度の来院をしていただき、4回の通院で写真の状態になりました。
隣り合う歯の白さに、ほぼ近づけることができたと判断し、ブリーチングを終了しました。

 

オフィスブリーチング器材


オフィスブリーチング器材

 

<Price>
1歯 ¥5,400(税込)

 

ラミネートベニア・セラミッククラウン

歯を削らせていただく事により処置する方法は、色だけでなく形、大きさ、向きなども変更することができます。
さらにいくつかの方法がありますが、患者さんの状態に合わせてそれらをチョイスしていくことになります。
次にお見せする写真は代表的な2つの方法です。
簡単に説明すると、セラミック製の人工の歯をはり付ける方法と、かぶせる方法です。

 

ラミネートベニア 治療前


ラミネートベニア 治療前

 

この患者さんのケースは、上の歯の、真ん中から数えて、二番目の歯が左右ともに生まれつき小さく、そのためスペースが余ってしまい、真ん中にすきまを作り出してしまっています。

 

治療後

 

ラミネートベニア 治療後


ラミネートベニア 治療後

 

どの歯も過去に虫歯の処置をうけたことはなく、歯の神経もしっかり残っている歯でしたので、前歯4本の歯の表面のみを一層削らせていただきました。
そこに「シェル」と呼ばれる薄いセラミックの歯形を、特殊な接着剤で貼り付けることにより、すきまを埋めて、歯の大きさのバランスをとってあります

 


 

セラミッククラウン 治療前


セラミッククラウン 治療前

 

この患者さんのケースは、過去に何度も虫歯の処置をうけており、歯の表面が変色し、さらに、元来ねじれた状態で生えていた歯があったため、見たところに大きく影響を及ぼしてしまっている状態です

 

治療後

 

セラミッククラウン 治療後


セラミッククラウン 治療後

 

上の前歯4本を根の治療後に土台をたて、筒状に削りこみ、セラミック製の冠をかぶせることにより処置させていただきました。
本来の白さを取り戻すと共に、ねじれていた歯を、隣り合わせた歯と違和感ないように、並びかえることができました。

 

診療のご予約はお電話にてお願い致します TEL:0265-21-7550